仏壇の飾り方は宗派によって違いがあります。御本尊にも違いがあります。しかし現代の家族構成や床の間がない建築形態、居住空間のデザインの統一性など様々な要因によって、昔ながらの金色の形式や唐木の形式にこだわらない人が増えています。これらの形式は、御本尊やご先祖を尊ぶ気持ちから荘厳な作りになっています。また精巧に彫られた欄間や御本尊を祭る須弥壇そして宮殿も特徴です。確かに古くからある形式は、ご先祖を折に触れて思い出し感謝する心を持たせてはくれます。しかし日常とは少し隔たりを感じさせるのも事実です。こうした隔たりを埋めてくれるのが現代的な製品だといえます。その形式は色や形も旧来とは異なります。現代的な製品のどこにメリットがありデメリットがあるのかみていきましょう。

ここに、モダンな形式のメリットがある

地方には大邸宅と呼べるほどの大きな家が多くあります。このような家では畳敷きの部屋があり、障子を用いて部屋を隔て、また床の間が備わっています。一方、都会ではマンションやアパートなど土地を有効利用しなければならず空間の無駄を省き、デザインや居住環境といった、いかに快適に過ごすかを優先する傾向があります。快適さの追求によって畳を無くし、室内が欧米風やエスニック風などに変化する多様性を生み出します。こうした多様性の中で古くから伝わる仏壇を飾ることは統一性の観点から敬遠する人も多いでしょう。しかしモダンな形式であれば、一見家具と見える製品であったり、全面ホワイトの現代調の製品であったりと部屋の統一性を壊すことなく、御本尊を祭り、ご先祖を思い出すことができるのです。近頃はより小さな作りで、チェック柄の製品などもあります。

ただし、モダンな形式にはデメリットも

そもそも何故仏壇を飾る必要があるのでしょうか。その目的が曖昧であってはいけません。あくまで御本尊に手を合わせ、ご先祖を思い出すことを目的とします。デザイン性や統一性のためではありません。旧来の形式に沿って飾ることに意味があるのです。つまり家具とは違うわけです。この元来の目的に沿わない点はモダンな製品のデメリットといえます。またいくらデザインが工夫されても御本尊やご先祖を祭る対象である以上、まったく形式を逸脱できません。ですから置く場所を多少なりとも選ぶ点もデメリットでしょう。こうしたメリットとデメリットを理解したうえで購入を考えたいところです。いずれにせよ御本尊を祭り、ご先祖を思い出す祈りは時代が変わろうとも大切な心です。こうした心の文化が続いていくためにも仏壇は重要なものです。